簡単にできるクレジットカード審査対策

 

クレジットカードの審査においてあなたの何が見られているのでしょうか?
年齢、勤務先、年収、住居形態、借金残高・・
思い当たる項目はいろいろですが、年齢などといった変えることができないものもありますし、それぞれの項目の合格ラインが具体的にいくつ(いくら)なのかを知ることはできません。

 

しかし申し込む前にできる審査対策がありますのでぜひ参考にしていただければと思います。
あなたの合格の可能性が少しでも上がりますように!

 

 

1.申込書は丁寧にできるだけ埋める
2.申告内容は最新のもの、書き間違いに注意
3.申し込みを待つのも大切
4.借金はなるべく返す
5.審査が不安なひとは銀行系カードは避ける

 

 

審査は申込書に記入された内容を中心に行われます。

記入

氏名、住所、生年月日、住居形態、家族構成、勤務先、勤続年数、年収などの項目を記入していくことになりますが、なかには人に知られたくない情報もあります。申込書の項目はすべて審査に必要な情報ですので間違いのないように最新の情報を記入しましょう。
記入間違いだとしても受け取った側には虚偽の申告との区別がつきませんので審査にマイナスになることがあります。
また読み取れないような字では審査できませんので手書きで記入する際は丁寧に書きましょう。

 

 

急いでいないなら申し込みを遅らせることも検討してください。

入社・転職したばかりで勤続年数が1年に満たないひとはそれだけで落ちてしまうこともあり得ます。
他のクレジットカードに落ちてすぐの申し込みは、審査が厳しくなったり自転車操業に陥っていると思われたりしてしまいますので要注意です。自分で申告しなくても他社へ申し込みをしたことは個人信用情報から分かってしまいます。
申し込みを先送りにできるのなら、勤続年数が1年を超えるまで、または申し込み情報が消えるまで待つほうが賢明です。

 

 

借金があるというだけで不利になってしまいます。

お金

確実に支払うことができるかどうかは審査で重視されます。
他社への借り入れがあるとその分支払いにまわせるお金が減ってしまい返済能力が疑問視されます。
もしも返済できるのでしたら返してから申し込みをするほうが有利です。

 

 

審査の基準はクレジットカード会社によって違います。

信用を重要視する傾向のある銀行系のクレジットカードは、自営業、派遣社員やフリーターのひとは厳しいといわれています。
主婦は申し込めないカード、学生は申し込めないカードなどもあります。
逆に収入があれば主婦でも学生でもOKというところもあります。
審査に不安があるひとは柔軟な審査をしているクレジットカードを選ぶと良いでしょう。